各種共同化の取組み

【近年の主な取り組み】

<平成19年度>
・全国に先駆け、SBC環境での行政システムのデータセンター運用を開始

<平成20年度>
・住民基本台帳ネットワークのCS共同運用を開始
・LGWAN関連機器(B装置)の共同運用を開始
・データセンター上での仮想サーバー技術を活用した会員市町村による
 行政システム・ハードウェア共同利用(自治体クラウド運用)を開始

<平成25年度>
・全国5道府県共同によるLGWAN関連機器の共同調達を実施

<平成26年度>
・Web版総合行政システム「Web-TAWN」の稼働開始
・LGWAN-ASPサービスによる「公営住宅管理システム」提供開始

<平成27年度>
・全国8道府県共同による番号制度対応関連機器共同調達を実施

<平成28年度>
・北海道内市町村に向け、マイナンバーに関するフォーラムを開催
・データセンターを活用した広域による戸籍システムの共同運用を開始
・基幹システム利用の全市町村にて自治体情報システム強靭化対策の実施